ポルノ中毒の治療方法

ポルノ中毒治療のリアルレビュー!管理人の経緯・治した方法をシェア

このサイト筆者は実際にポルノ中毒を克服した人ですので、こうして情報を発信しています。
そのリアルな心の内と、どういう方法で、どういう経緯で治ったかお伝えしていきます。

これ、もし嫁さんに読まれたらヤバイから、もし読んでたらここでストップしてね。お願い。

あと、管理人のこと知ってる女性もここでストップしてね。

読まれるリスクありながらも書いてる感じだから

ポルノ中毒改善のポイントをまず結論としてまとめます。

■必要な知識

  • ポルノ中毒の恐ろしさを心から理解し、危機感を感じる
  • ドーパミンの仕組を簡単に理解する
  • 習慣化のテクニックを知る
  • みんチャレに参加する

■ポルノ中毒の改善方法

  • 90日、ポルノを見ないことを決意する
  • 少なくともPCやスマホからそういう画像・動画は削除
  • 広告・サイト設定でエロ画像が表示されないようにする
  • "みんチャレ"で同じ志しの仲間のチームに入る
  • 週1~2回はリセットして良い。完全禁止はしない
  • あくまで「見ない」ことを宣言し、励まし合う
  • 自分の変化を報告する

41歳父親の中村です。ポルノ中毒を自力で治したい人へ、改善した僕が世界一分かりやすく自己治療した方法をお伝えします。
当サイト『中村治療院:ポルノ中毒自力で治す方法』では、具体的な方法と、ポルノ中毒の危険性を中学生にも分かりやすく伝授します。なるべく子供にも読めるようにしました。

筆者プロフィール

年齢:41歳
性別:男
結婚歴:既婚・2児
インターネットポルノを初めて見た年齢:中学生・友達の家で。感想:気持ち悪いけど反応した
定期的に見るようになった年齢:大学生から
自分が完全にハマったと思った時:30代後半

基本的にはストレス解消のために利用していて、傍(はた)から見たら普通の正常な社会人ではあります。

しかし、30代後半から、「酒とポルト以外、たいして楽しいことはない」という感覚になったのをよく覚えています。
ミドルエイジクライシスも相まってのことかと思います。

ある程度の中途半端な社会的成功程度で、自分は大したことを達成できず、何も残せずに大人になったという無価値観にとらわれるのがミドルエイジクライシスですが
その無価値観から、ポルノという「楽しみ」に傾倒したといえるでしょう。

また、日本人特有のレスも長く現在7年レス。x俗にも勇気がなくて行ったことがありません。

1日嫌なことを我慢して金を稼いで、夜にうっぷんを晴らすために2次元の妖精たちと気持ちいいことをする、それに虚しさを感じなくなってきたことを自覚

ポルノ中毒改善の"決意"に至るまでの経緯

筆者のポルノ中毒改善の経緯をみていきましょう。

37歳:今思えばこの時にポルノ中毒に

社会人14年目。

この時は「ポルノ中毒」という概念すら知らなかった時代。

振り返れば確実にこの時に「中毒になった瞬間」があったと思います。

実家依存症の妻で、すぐに実家に帰ってしまうので、ある時、家で一人で過ごしている夏休み
ストレス解消であの手この手で快楽を探り、酒に酔った後、
特定女優を3つの画面に映して、オーガニズムを叫びながら味わうことに最高のものを覚えました。

40歳:ポルノ中毒の概念を知る

Youtubeで勉強をする習慣が39歳くらいから出来まして
本要約チャンネルさんが紹介していたのをきっかけに、まず知識として知りました。

本要約チャンネル
https://youtu.be/Uw6vDmfRkjU

ただし、すぐに実行したり、衝撃を受けたわけではありません。
自分は「少し中毒だろうな」程度の認識。

41歳:ドーパミンコントロールについて勉強する

元々、仕事のパフォーマンスを高めたい、という欲求はありました。
そこで覚えていったのが「ドーパミンのコントロール」

要はやる気をコントロールするためにドーパミンについて勉強しました。

例:
本予約チャンネル
https://youtu.be/1sHAneiwZXs
サムの本解説
https://youtu.be/-larCILqyWA

もちろん、ポルノもドーパミンがたくさん出て快楽となり、それがマヤクのように
「なくてはいられない状態」が中毒となります。

そのへんの知識はここでは割愛し、別記事「危険性」のところを参考にしてください。

これによって「自分のポルノ中毒を放置していいのだろうか」という概念が自分の中に湧き上がるようになりました。

ちなみにドーパミン自体はよくも悪くもないからね。時々勘違いされちゃうんだけど、ドーパミンが正常じゃないことが問題。糖尿病のインスリンと同じで

41歳:人生最高の楽しみが「酒飲んでソレに浸るだけの人・そういう人生」になってしまうという危機感が生まれる

もう一度、いろいろなチャンネルでポルノ中毒について勉強します。

高須先生の話なども参考にして、「ポルノ中毒改善の決意」をします。
高須先生のはシリーズ的になっていくつもあります。
https://youtu.be/oc3Ku55vXVw

この「何度も違うタイミングで知識を得る」ことによって、いろいろな角度からその「危険性」を実感するに至り、「このまま、酒とソレが人生の目的になったら、自分は終わりだな」と心から思いました。

ポルノ中毒改善の決意

41歳:「みんチャレ」でトライ

習慣化のためのSNS「みんチャレ」を知ります。最初、禁酒をトライしたら見事に1か月問題なく断酒できましたので、すごい効果だ!と実感。

やはり習慣化は「決意し」「人に宣言し」「同じ意志をもった仲間と頑張る」これが黄金パターン。

 

5日目ごろ

最初の2日間は普通だったりしますが、「我慢」をすることで、欲望が膨らみます。
「我慢」はストレスのため言い訳が出てきます。

「こんなにストレスをためてまでやる必要あるのか?」
「ストレスで逆効果なのでは?」
「3日に1回くらいなら健康なんじゃ?」

僕の場合は、こんな言い訳が1か月よぎりました。
しかし、好転反応ととらえて頑張りましょう!仲間とともに!

2週間


最初の2週間が最もストレスです。
いい日もキツイ日もあります。
キツイ日は「宣言」したり、「仲間と励まし合って」がんばりましょう。

夢に女優さんが出てきたことも何度もあった。もう夢でリアルみたいにでてきたよ...逆効果なんじゃないかって思ったことは何度もあった

3週間

正直言いますが、僕の場合「断酒」よりもキツかったです。
「断酒」は最初の2週間乗り切れば、だんだん普通になってきましたが
ポルノ断ちは、2週間経っても、時々「波」のように衝動が来ます。

ある意味、性欲は正常なので、正常な範囲の「よく」なのでしょうけれど、
それが「異常な妄想」と結びついてしまうことがNGなのだと思います。

ですので、リセット日に解放するのはいいのですが、ポルノを見てはいけません。

1か月達成


このへんで「自分に対する自信」は出てきますが、まだ自分に中毒が残っているのが分かります。

ただ、「習慣」ができていますので、我慢したり、見ないのが当たり前になってきます。

ここから、「欲」のとらえ方を変えました。

「性欲」自体はいけないこと」ではありません。正常です。
ですおで、その「波」が来たときは「正常だ」と、思うようにするようにしました。

そして、リセット日(ポルノを見ないで処理する日)を楽しみにして問題ありません。
どんな風に処理しようか。どんな妄想をしようか。
そう考えて問題ありません。ポルノを観なければOKです。

禁止は欲望を膨らませるから、禁止するというよりは「週1で許可する」という感覚がいい。性欲は悪ではない。あくまで正常な性欲はOKなんだから

2か月達成

50日前後から、だんだんと落ち着いてきた感があります。
変な衝動はなく、自然としたくなったら、「自然だなー」と思えるという感じ。

2か月目すぐで考えたのが「正常な性欲」と「異常な性欲」の違い。

普通に性欲を持つのは男性として正常です。気づいたら性欲が湧くこと自体を否定していたので、それは違うなと思うわけです。

そこで考えたのが以下。

そう性欲は人間の自然な欲求。否定したら逆に変。

3か月達成

追記します。

感想

実際に、「ポルノ断ち」をした筆者・中村が、その感想をリアルにお伝えします。

断酒よりキツかった

断酒はポルノ断ち前に挑戦して意外とすんなりできました。最初の2週間キツかったですが
そこを超えるとあとは簡単でした。

というか、みんチャレ前から1年くらい、「週に3回まで」等、一人で記録してある程度コントロールできるようになっていたので
準備段階があったからこそ、スムーズにできた可能性はあります。

しかし、ポルノ断ちは、2週間過ぎてもキツかった。
1か月経っても、女優さんが夢に出てくる。(夢精はしていないが)

もう完全に、女優さんという二次元に恋してたんじゃないの?というくらい、忘れられない感じでした。

自分の中毒性を改めて自覚した

2週間経っても、1ヶ月経っても、動画やVRを見たい!見たい!という気持ちが消えず
中毒性を自覚しました。

まさかアルコールよりも中毒性が強く、1ヶ月後も妄想が消えないとは思いませんでした。

時間が増えた

週1リセットするだけですので、自分の時間が増えたのは実感しました。

それにより、仕事を何時までに終わらせるこだわりとか
運動する時間、
子供と過ごす時間、
などに広がっていきます。

そう、人生の楽しみはソレのような快楽以外にもたくさん大切なことがあるのです。

一度で満足するようになった

最初はその週1我慢するのがキツかったですが、だんだんとその1回で満足しよう、と気持ちが切り替わっていきます。

また、終わったら聖者モードになるわけですが、
「まあ、そこまで楽しいものではないよね」
「これ人生ささげるようなことじゃないよね」
と思えます。

それにより、日常の「刺激の少ない幸せ」をより感じるようになりました。

例えば、子供が足し算を出来るようになった、時計を読めるよになった。
本当にささいなことですが、幸せに変わりありません。

これが、強いドーパミンの刺激に慣れていると、「そんな大したことではない」と比較して感じてしまうものであります。

より濃い料理じゃないと美味しくない!という状態から脱したのね。薄味でも美味しい!出汁飲むだけでも幸せ!

人生の違う楽しみに目を向けるようになった

これによって「暇な時間」がけっこうできます。
今まで多分1日1時間以上これで頭がいっぱいだったと思うし、刺激が強すぎて
他の「ささいな幸せ」を見逃しがちだったのが、それに気づくようになり、
より人生が彩るような感覚にはなりました。

女性をちゃんと一人の人間として見るのが当たり前になった

こういうと今まで違ったのか!というツッコまれそうでありますが
もちろんリアルで人と会うときは理性を働かせて、一人の人間として扱い、「傍から見たら正常な状態」でしたが
やはり無意識レベルで、そういう視点から女性を評価をしていたのではないかと思います。
ごめんなさい。

大学の時の知り合いで、女性を上から下まで見定めるように見ていた人いたわ。思い出すと気持悪いですな。

まとめ

以上まとめます。

わかりやすくまとめると

  • 筆者が治した方法は「知識を得る」→「危機感を感じる」→「環境を設定」→「みんチャレに登録」→「仲間に宣言し励まし合って90日達成!」
  • 筆者の感想として「断酒」よりもキツかった。最初の1か月はかなりキツいので工夫が必要
  • 効果としてはじわじわ実感。人生がソレに支配されなくなった感覚はあり、ささやかな幸せを感じやすくなった。他に例えると、濃い料理しか食べれなくなったのをやめて、薄い料理に慣れることで、いろいろな楽しみが広がる

具体的な治療はこちらより

-ポルノ中毒の治療方法