胸郭出口症候群

  • 腕を挙げると手に痛みやしびれが走る
  • 常に腕にだるさやしびれがある
  • 常に手が冷たく感じる
  • 腕に鈍い痛みがある
  • スポーツで肩を傷めてから、プレー中に腕がだるい

胸郭出口症候群とは

胸郭出口症候群は、首から腕に向かう神経の通り道である「胸郭出口」で、神経が圧迫されたり絞めつけられたりすることで起こります。

 

腕に向かう神経(腕神経叢)が圧迫または絞めつけられているので、腕の痛みやしびれ、冷感などの症状が一般的です。

 

なで肩体型の方に多いですが、いかり肩やスポーツなどで肩を傷めた方にも起こると言われています。

胸郭出口症候群の原因

胸郭出口症候群は、胸郭出口が狭くなることで起こると言われていますが、狭くなる原因は主に3つあります。

 

斜角筋症候群

首の前方から第一肋骨につながる、前斜角筋と中斜角筋という筋肉があります。

前斜角筋と中斜角筋の間にはすき間(斜角筋隙)があり、このすき間に腕に向かう神経が通っています。

前斜角筋と中斜角筋の緊張が強くなることで、このすき間が狭くなり神経を絞めつけてしまいます。

 

肋鎖症候群

斜角筋隙を通過した神経は、次に第一肋骨と鎖骨の間(肋鎖間隙)を通ります。

なで肩のように、鎖骨と肩甲骨が下に移動した状態(下制)では、肋鎖間隙が狭くなるため神経が圧迫されます。

 

過外転症候群

肋鎖間隙を通過した神経は、胸の筋肉である小胸筋の下(小胸筋下間隙)を通過します。

小胸筋が強く緊張した状態で腕を横から挙げると(外転)、神経に絞めつけられる力と引き延ばされる力が加わります。

つり革を握るなど肩を挙げる動作や重たいものを持つ動作、投球動作などで症状が出ます。

当院の胸郭出口症候群の治療

当院の胸郭出口症候群の治療は、主に首・鎖骨・肩甲骨・肩の動きの改善を図ります。

 

一般的に、胸郭出口症候群は筋肉の過緊張や骨の配置の異常が原因なので、筋肉の緊張を解いたり骨の配置を矯正するようなことが多いです。

 

しかし、胸郭出口症候群の患者様のお体をよくみると、首・鎖骨・肩甲骨・肩の関節の動きに異常を見受けられます。

 

動きの異常というのは、単純に動く幅が足りないということもありますが、動き方がおかしくなっており余計な動き(代償動作など)が出ていることもあります。

 

これらの動きの異常が、筋肉の過緊張や骨の配置異常をもたらす結果になります。

 

動きの異常に対しては、筋収縮後のリラクセーション作用を利用することで、正しい動きを学習させていきます。

 

腕を挙げると痛みやしびれがある方、スポーツでのプレー中に腕がだるくなる方、手先が冷たく感じる方は、明石市なかむら整骨院まで一度ご確認ください。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!