TFCC損傷

  • 手首の小指側が痛い
  • ドアノブを回す動作などで痛みが出る
  • 手首をついて倒れてから痛くなった
  • スポーツや仕事などで手首をよく使う
  • 手首を動かすと痛みで日常生活にも支障きたしてきた

TFCC損傷とは

TFCCとは尺骨頭と尺側の手根骨の間にある三角繊維軟骨、尺側側副靭帯などの複合体のことで三角繊維複合体とも言います。

TFCC損傷とは手をついて倒れたり、ひねったりすることで損傷することを言います。

またはスポーツやお仕事などで繰り返し動作による手首の負担で損傷するものもあります。

その部分の損傷を一般的にTFCC損傷と呼びます。

 

TFCC損傷になる原因

手首の使い過ぎでTFCC損傷になるケースが多く、特に産後の女性で関節がゆるくなっている時期に、家事や育児などで手首を繰り返し曲げ伸ばししすぎて手首を痛めていることが多いです。

手をついてこけたなどの衝撃によるものは尺骨突き上げ症候群とも言い、本来手根骨と尺骨の骨の間には軟部組織がクッションの役割を果たしていますが尺骨が突き上げることで間の軟部組織が損傷しクッションがなくなることで痛みが出ます。

本来手首の関節は伸展(背屈)動作時に少しだけ小指側(尺屈)の方に傾きながら動かします。

しかしその尺骨が突き上がると本来伸展時に小指側に傾けるところが手根骨と尺骨に引っ掛かり、傾けられなくなります。

その引っ掛かりが原因なので尺屈側に傾けたり、手を回す動作で痛みが誘発されると言われています。

TFCC損傷の治療

一般的な治療法としては手首の軟部組織の炎症を引かす目的でアイシングをしたり、安静、テーピング固定を行ったりといった保存療法を行うことがほとんどです。

もちろん痛みを止める上では必要なことであるのは間違いありませんが、その痛みが出た原因が筋肉や関節の動き制限だった場合、また手首を使うと痛みが出るといった状態が続きます。

明石市なかむら整骨院で行っている治療法は保存療法と組み合わせ、痛みをとる治療を行っていきながらその痛みの原因となっている筋肉や関節の動きの状態を診ていき、治療を行っていきます。

そうすることでまた痛みの繰り返さない状態を目指していきます。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!