脊柱管狭窄症

  • 整形外科で脊柱管狭窄症と診断されて、手術を勧められた
  • 脊柱管狭窄症だが、手術をしたくない
  • 脊柱管狭窄症だが、薬や注射の治療を継続したくない
  • 長時間歩くと足がだるくなり歩けなくなる
  • お尻や足に痺れがある

■脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは、脊髄(神経)が通る場所が腰椎の変形や変性により狭くなり神経を圧迫してしまった状態のことを言います。

脊柱管狭窄症と調べると足の痺れが症状として出てくる場合が多いのですが、

脊柱管狭窄症だからと言って、必ずしも足が痺れるというわけではなく、腰だけの痛み、足だけの痺れ、もしくは症状があまり出ないという場合もあります。

脊柱管狭窄症はよく『完治不能』と言われていますが、明石市のなかむら整骨院の治療で症状の出ないような身体を作ることは可能です。

■脊柱管狭窄症の本当の原因は?

脊柱管狭窄症の原因は、多くの場合、背骨のS字カーブが正常でない状態で長期間維持されていることです。

脊柱管狭窄症になってしまった方の特徴として、腰の骨の形が反ってしまっていることがあります。腰のアライメント(背骨のS字カーブの角度を適切に維持させること)が正常でない状態で長く続くと、脊柱管が狭くなり、神経を圧迫してしまいます。

 

 

しかし脊柱管狭窄症の症状はほとんどの場合、根本的な原因のある腰部分ではなく、お尻から足にかけて症状が出ます。また上記にも記しておりますが、症状の出ない方もいらっしゃいます。

症状の出る方と出ない方の違いは、腰椎の関節、お尻周りや足の筋肉の柔軟性が損なわれているかどうかや、血行不良が起きているかどうかといった違いが挙げられます。

■明石市なかむら整骨院の脊柱管狭窄症治療とは?

明石市のなかむら整骨院では、脊柱管狭窄症の患者様に対して、腰椎の正常な動きや正常な構造になるための施術を行います。

それと同時に股関節周りの筋肉、大腿四頭筋、ハムストリングス、腓腹筋、ヒラメ筋などの足の筋肉の柔軟性を改善する治療も行います。

その結果、神経の圧迫を取り除き、痛みの出ないようにしていきます。これは、他の整骨院や整形外科では中々できない当院独自の治療法になります。

 

明石市のなかむら整骨院では、正常な身体の機能・構造を取り戻し、症状の出ない正常な身体づくりのための治療を行なっています。薬に頼った治療や手術をしたくないけど、脊柱管狭窄症でお困りの方でも、一度明石市のなかむら整骨院までご相談下さい。

症例 脊柱管狭窄症

【症例】20代男性 腰の痛みと足のしびれ

歩行中、仕事で立ちっぱなしが続くと、腰の痛みと腰からふくらはぎまでにかけてしびれがあるとのことでお困りの男性がご来院されました。

病院では、レントゲン・MRI検査で脊柱管狭窄症と診断を受けたそうです。

 

来院当初は椅子からの立ち上がり時の腰の痛みと強いしびれが常にありました。

アプローチは、股関節・骨盤・腰椎の可動域改善を主に行いました。

痛みの変化として、回数を重ねるごとに徐々に改善していき、歩行中の腰の痛み・しびれはなくなったとのことです。

 

仕事中に、腰のだるさを感じることがあるので、再発予防を目的とした定期的なメンテナンスと自宅でのストレッチを指導してケアしています。

【症例】60代男性 手術をしたくないのでご来院

3年前、病院で「脊柱管狭窄症」と診断され手術を勧められる。

ご本人様は手術をしたくないとのことで、当院を受診されました。

 

歩くと両脚にしびれと痛みが出て、特に右脚に症状が強く出ていた。

10メートルも歩くと症状が強く出るため、休憩をしないと歩けない状態でした。

 

初診時、骨盤・股関節の動きがなく、腰全体が反っているのと、左に傾いていました。

腰を反らし過ぎないようにしながら、骨盤・股関節の動きを正常に戻し、腰が左に傾かないように姿勢指導を行いました。

 

複数回の治療で、痛み・しびれなく歩行がスムーズにできるようになりました。

【症例】50代男性 牽引・温熱・電気治療で痛みを抑えていた

3年前に腰の痛みが強く、整形外科へ受診し、腰椎脊柱管狭窄症(腰椎4番5番)と診断された男性。

リハビリで腰椎牽引、温熱療法、低周波治療を3か月行い、痛み止めの服用で症状を抑えていました。

このままでは症状の改善がないと思って、ご来院されました。

 

初診時は、脚のしびれ、腰の痛み、長時間の歩行ができない状態でした。

アプローチは、腰椎4番5番、股関節周辺のストレッチ、姿勢矯正を行いました。

治療開始から、3週間で症状の軽減、1か月で痛みはなく、可動域が回復していくにつれて足のしびれが軽減していき、1か月半で長時間の歩行もできるようになった。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!