ランナー膝

  • 走ると膝の外側が痛くなる
  • 膝の外側が痛くなったり落ち着いたりを繰り返す
  • ストレッチやトレーニングを行っているが、膝の痛みが変わらない
  • 膝の痛みで走るのをやめたが、もう一度走りたい
  • 日常生活でも膝の痛みがあるときがある

ランナー膝について

ランナー膝は、名前の通りランナーによく起こる膝の障害です。

 

腸脛靭帯炎とも呼ばれ、膝の外側の腸脛靭帯の付着部付近で炎症を起こします。

 

炎症を起こす理由は、ランニングのような繰り返しの膝の屈伸運動で、腸脛靭帯と大腿骨(太ももの骨)に摩擦が反復的に起こることで、腸脛靭帯が損傷すると言われています。

 

走り過ぎによるオーバーユースが主な原因と言われているので、一般的には痛みが引くまで安静にすることが推奨されます。

ランナー膝の原因

上記でオーバーユースが原因と説明しましたが、それだけではありません。

 

ランナー膝の方のお体を診ると、脛から下の動きに問題があるか、股関節・骨盤に問題があるか、またはその両方と動きの悪さがみられます。

 

脛から下(下腿)は、外に回る動きに制限が出ていることが多く、下腿は内に捻じれています。

また、骨盤・股関節も外旋制限があり、いわゆる内股やX脚のような状態であることもみられます。

このような状態ですと、ひざの屈伸時に腸脛靭帯が過度に引っ張られます。

 

腸脛靭帯は、強靭な組織なので簡単には傷めませんが、上記のような状態でランニングのような継続的な負荷が掛かると、炎症を起こしてしまいます。

 

安静にして痛みが引いても、再び走り出すと痛くなるのは、骨盤・股関節・下腿の動きの問題が解消されていないということです。

当院のランナー膝の治療

当院のランナー膝の治療は、主に骨盤・股関節・下腿の動きを確認したうえで、正常な動きを取り戻すように施術を行います。

 

炎症を起こしている場合は、超音波治療器も併用して早期回復を図ります。

 

ランナー膝の方の特徴である、下腿の動きの制限は足首の動きにも左右されるため、足首の動きから下腿の動きを整えていきます。

 

アプローチ方法としては、骨や関節を直接的に動かしたり、骨盤・股関節など大きな部位は筋収縮後のリラクセーション作用を利用した、骨格の矯正を行います

 

走ると膝の外側が痛む方、ランナー膝でお悩みの方、一度明石市なかむら整骨院までご相談ください。

 

【↓当院の施術についてはコチラ↓】

top_menu01

【↓その他スポーツ障害についてはコチラ↓】

※このページは厚生労働省認定柔道整復師の中村龍が監修しています。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!