梨状筋症候群

  • おしりから太ももに掛けて痛み・しびれがある
  • 慢性的な腰痛がある
  • 座っているときが特に痛い
  • ゴルフなどで中腰になると痛い
  • レントゲンやMRI検査では異常がみられなかったけど症状はある

梨状筋症候群とは

梨状筋症候群は、お尻の筋肉である梨状筋が坐骨神経を圧迫したり絞めつけたりすることで生じる痛みやしびれを指します。

 

坐骨神経痛を起こす代表的な疾患で、お尻から太ももの後ろ側に掛けての痛みやしびれを起こします。

 

梨状筋が強く緊張することで坐骨神経や血管などを絞めつけると言われており、中腰のように梨状筋の緊張をさらに強くしたり、座位のように坐骨神経を直接圧迫したりすると症状が強く出ます。

一般的な梨状筋症候群の治療

梨状筋症候群は筋肉が神経を絞めつける疾患なので、レントゲンやMRI検査での診断は困難です。

 

多くの場合、ヘルニアなどの腰椎の疾患と診断されて治療が施されるようです。

もちろん、この場合は症状の快方は遠のきます。

 

また、梨状筋のストレッチが施されることで症状が快方に向かいますが、梨状筋は他の筋肉(主に深層外旋6筋)や股関節の影響で緊張がまた強くなる傾向があるため、症状の出ない状態になるまでに相当の労力を要します。

当院の梨状筋症候群の治療

当院の梨状筋症候群の治療は、梨状筋の柔軟性回復はもちろんですが、股関節や骨盤など動きを正常にすることで、梨状筋が再度緊張しすぎないようにして、症状の出ない体をつくっていきます。

 

アプローチ方法は、梨状筋をストレッチすることもしますが、梨状筋の付着部位である仙腸関節や股関節を直接的に動かして、梨状筋に不必要な緊張が起こらないようにしていきます。

 

また、梨状筋は股関節を安定させる筋肉であるため、不良姿勢などの生活習慣でも影響が出ます。

セルフケアや生活指導も合わせておこなうことで、ご自分でも予防できるようにサポートいたします。

 

お尻から太ももにかけての痛みやしびれ、坐骨神経痛でお悩みの方、一度明石市なかむら整骨院までご相談ください。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!