腱鞘炎

  • 親指の付け根あたりが痛い
  • ビンのふたを開けるときに手首が痛い
  • キーボード操作時に手首が痛くなる
  • 痛みが治まることもあるが、手を使うと痛くなる
  • 産後に手首が痛くなってきた

腱鞘炎とは

腱は筋肉の延長線上にあり、骨に付着することで筋肉の収縮を骨に伝え骨を動かします。

腱鞘は、主に手足にあり、腱がズレないようにする為のトンネルのようなものです。

 

腱がベルトで、腱鞘がベルト通し、とイメージするとわかりやすいでしょうか?

 

手を使うたびに、腱が腱鞘の中を行ったり来たりと移動します。

手の使い過ぎで、腱と腱鞘が何度も擦れると炎症を起こします。

 

腱鞘のある部位では、どこでも腱鞘炎が起こる可能性がありますが、構造上と使用頻度の問題で親指の付け根あたりに炎症を起こしやすいです。

腱鞘炎の原因

腱と腱鞘は摩擦が掛からない構造になっていますが、使い過ぎや重たいものを持つと腱鞘への圧力が強くなり腱との間に摩擦が起こります。

 

摩擦が何度も起こると炎症を起こして、腱が厚くなってきたり腱鞘のトンネルが狭くなったりします。

 

こうなると、ちょっとしたことでも摩擦が起きるようになり、慢性的な腱鞘炎となります。

一般的な腱鞘炎の治療

腱鞘炎は、名前の通り炎症を起こしていますので、炎症が引くまで安静にしておくのが一般的です。

ただ、手を使わないというのは、ほぼ不可能なのでサポーターなどの固定具で安静を図ります。

 

炎症が引いた後は、電気や痛み止めなどの治療や、ストレッチなどの予防することが多いです。

また、手の使い方や生活環境・職場環境を見直して、手に負担が掛からないように指導されることもあるでしょう。

 

ただ、長期の固定で関節が拘縮してしまうこともあり、これらの治療で根治することは難しく、再発してしまうことも多いようです。

当院の腱鞘炎の治療

当院の腱鞘炎の治療は、上記のような処置も行いますが、手に負担を掛けないような体づくりを行います。

 

手を使うという動きは、手だけを使っているように思われますが、実際には肘・肩・背中が動くことで、手の細かな動きや握力をサポートしています。

 

多くの場合、肘・肩・背中などの動きに問題があると、手に負担が掛かり腱鞘炎につながります。

 

アプローチ方法としては、検査によってどこが悪いか見極めてから、動きの悪い関節を直接動かしたり、スムーズな動きの確保のために筋収縮後のリラクセーション作用を利用したりします。

 

手に痛みがあり仕事に支障が出る方、慢性的な腱鞘炎でお悩みの方、一度明石市なかむら整骨院までご相談ください。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!