自動車事故でのケガ

  • 自動車乗車中、交通事故に遭った
  • 事故後、首が痛くなり痛みが引かない
  • 牽引、湿布、電気の効果を実感できない
  • 保険会社とのやり取りが大変
  • 仕事終わりに通院したい

自動車事故 症例50代男性

自動車乗車中に後ろから追突されて、首と左腕を傷めた状態でご来院されました。

 

首はいわゆるむち打ちで、炎症も残っていましたので、最低限の処置を行いました。

左肩は、可動域制限がはっきりとありましたが、首の炎症が引くまでは少し動かす程度にしました。

 

数日後、炎症が引いたのを確認してから、再度可動域をみると首も左肩も制限がありました。

当初よりも関節を動かすようにして、筋肉に力を入れてもらうことで関節を滑らか動くように誘導するようなこともしました。

 

1か月もすると可動域は回復しましたが、柔軟性の低下がみられ症状も残っているので、ストレッチを施術に入れました。

柔軟性は施術後すぐに回復するのですが、次の来院時に元に戻るということをしばらくは繰り返していました。

ある程度、柔軟性を癖づけていくようにしながら、ご本人様にも自分でできるケアの方法をお伝えし、少しずつ柔軟性を定着させました。

 

治療期間は半年間でしたが、最終的には通院頻度を落としても、症状が出なくなったため治療を終了しました。

自動車事故にあったらどうする

自動車事故に遭ってしまった場合、警察への届け出、保険会社への連絡、病院での検査・治療、というのが基本的な流れになります。

 

また、特別な事情でもない限り、自賠責保険を使って治療費や慰謝料等を補填するので、上限額を超えない限り、お金の心配もあまりありません。

 

なので、ケガの治療に注力することが重要になってきます。

病院ではほとんどの場合、電気・湿布・牽引・投薬などの対処療法が主になります。

必要なことではあるのですが、効果を実感できないということも少なからず事例としてあります。

 

当院では手技を使って、ケガする以前の状態にお体を近づけていきます。

病院での診断や当院での検査を元に、その患者様に合う施術を行います。

早期の回復を図るため、痛い所だけを診るというよりは、本当に状態の悪い所を探して施術を行います。

 

また、ケガの治療は一定の通院を必要としますので、通院のしやすさも大事ですね。

当院では、平日20時まで土日も診療しております。

予約があれば待ち時間もほとんどなく治療を受けていただけます。

 

早期の回復を図りたい方は、一度当院までご相談ください。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!