ゴルフ肘

  • 頻繁にゴルフの打ちっぱなしやラウンドに出る方
  • ラウンドの後半になるとだんだん肘が痛み出す
  • 肘の内側を押さえると痛い
  • 前腕の内側が張っているような感じがする
  • ドアノブを回したり、ぞうきんなどをしぼる動作で肘に痛みが出る

ゴルフ肘とは

上腕骨内側上顆炎とも呼ばれ、ゴルフのスイングやテニスでのフォアハンドや野球の投球の繰り返しによって、肘の内側の靭帯や筋肉に負担がかかり痛みが生じます。

ひねったりなど突然痛くなるのではなく、繰り返し加わる肘への負担によって炎症が起こり、ゴルフ肘になります。

上腕骨内側上顆についている円回内筋、橈側手根屈筋、長掌筋、尺側手根屈筋、浅指屈筋と呼ばれる筋肉が繰り返し動作により擦れ負担がかかることでゴルフ肘になります。

 

ゴルフ肘になる原因

ゴルフ肘になる原因としては「肘を使うから」といった肘の単純な動き、例えば曲げ伸ばし程度ではそんなに痛みも出ずゴルフ肘になる可能性は低くなります。

ゴルフ肘と呼ばれるくらいなのでゴルフをしている方に多く、スイング時の上腕や前腕の筋群の負担によるもので炎症が起きやすくなります。

また、似たような動作のテニスや野球の投球にも繰り返し動作で炎症が起きます。

 

肘の痛みですが、主には前腕の筋肉に負担がかかっているケースが多いので前腕を押さえてみると張りがあったりします。

さらに前腕の筋群は手首にも繋がっているので手首の負担にも繋がっているケースがほとんどです。

スポーツなどでうまく身体を使えなく手打ちになっている方は特に注意が必要です。

ゴルフ肘治療

基本的には安静にすることで炎症はおさまります。

ただゴルフ肘になる方は、それだけ普段スポーツやお仕事などの負担が積み重なっていることでの症状なので、対処的に痛みをとる治療(安静、固定などの保存療法や注射、痛み止めなど)を行ったところでまた同じように使うことで痛みはぶりかえします。

 

明石市なかむら整骨院で行っているゴルフ肘の治療法は負担のかかる身体の使い方、フォームから着目し、なぜ負担のかかる使い方になってしまうのか関節の動きや筋肉の状態など検査し、痛みの原因となっている関節の動きや筋肉を改善することで痛みの出にくい身体を目指していきながら正しいフォームで身体を使えるように治療を行っていきます。

 

根本的なところから改善していきますので、同じ量のスポーツやお仕事であっても痛みの出ない身体になっていきます。

 

【↓当院の施術についてはコチラ↓】

top_menu01

【↓その他スポーツ障害についてはコチラ↓】

※このページは厚生労働省認定柔道整復師の中村龍が監修しています。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!