五十肩

  • 服を着たり、髪を結ったりするときに肩が痛い
  • 夜中寝ているときに、肩が痛くて眠れない
  • レントゲンを撮っても原因が分からない肩の痛みがある
  • 電気・注射・湿布で肩の痛みが改善しない
  • 満足に腕が上がらない

五十肩について

一般的に、40歳~60歳代の中高年世代に発症することが多く、腕を動かすことができなくなったり、肩が痛いといった症状が特徴です。

症状が重くなると、就寝中に肩が疼き睡眠がまともに取れなくなるため、日常生活にも影響が出てきます。

 

また、レントゲン等の画像では原因が分からないことが多いため、痛み止めや電気のなどの対症療法だけで対応されてしまうことがほとんどです。

それだけで、自然治癒してしまうこともありますが、再発のリスクを排除できているわけではありません。

五十肩の原因は?

肩はいろいろな方向に動かせますが、その為に肩の構造は複雑で不安定なものになっています。

腕を上げる動作1つとっても、肩甲上腕関節、肩鎖関節、胸鎖関節、肩甲胸郭関節、と4つの関節が協調して動きます。

そのどれか一つの関節に動きに異常が出ると、他の関節も次第に動きにくくなり、やがて腕が上がらない肩が痛いといった症状につながっていきます。

 

また、肩はいろいろな方向に動かすために多くの筋肉が付着していますが、動きが悪くなってくるとこれらの筋肉には過剰な負荷がかかり、結果として慢性的な症状に繋がってしまいます。

item.654.1

さらに、首・背中・腰などの影響で、肩の動きに制限があることもあります。

これらの部位についても併せてアプローチしていくことで、症状の改善だけではなく再発防止につながる根本治療が可能になってきます。

明石市なかむら整骨院の五十肩治療

明石市なかむら整骨院では上記の肩関節の動きの改善から図っていきます。

筋肉の等尺性収縮後リラクセーション作用を利用したり、直接的に関節を動かしたりと、各患者様に合った方法でアプローチしていきます。

また、肩に炎症を起こしている場合やいわゆる凍結肩と呼ばれるような強い拘縮がある場合などは、超音波治療器を併用することで早期の回復を図っていきます。

 

動きを改善していくうえで、肩の動きを妨げている筋肉にもアプローチをしていきます。

アプローチの方法も、ストレッチやトレーニング、ソフトティシューモビリゼーションなど患者様に合わせて最も効果的なものでアプローチします。

 

五十肩は、上記の4つの関節とそれに付着する筋肉が協調して動くようにしていくことで、症状の出ない状態になります。

マニュアル的な治療法では五十肩は良くならないので、各患者様のお体の状態に合わせて治療法を選択しながらアプローチしていくことが重要です。

 

五十肩でお困りの方は一度ご相談ください。

五十肩の症例

【症例】50代男性 拘縮を伴う五十肩

初診時は、左腕の挙上が90度もいかず、挙上時の痛みも顕著でした。

左肩関節を検査すると拘縮もみられました。

1年ほど前にテニスで肩を傷めたとのことですが、すぐに治ると放置していた結果、日常生活にも影響が出てしまうほどの症状になってしまいました。

 

まず、可動域の改善を図り日常動作がスムーズに行えることを目標としました。

拘縮が強いため、筋肉を一定時間収縮させてその反動で筋肉が弛緩する作用を利用して、関節の動きをつけていきました。

1か月たつと、90度以上の挙上ができるようになったため、関節を直接動かすアプローチも追加しました。

 

また、1年もの間肩の痛みを我慢していたため、姿勢がアンバランスになり、それが肩の動きを制限している1つの要因となっていたため、無理のない範囲で姿勢の改善も行いました。

 

3か月ほど経つと、挙上動作での痛みもなくなり、日常動作には問題ないとのことでした。

ただ、回旋動作にはまだ制限があり、テニスのプレー時には支障があるようでした。

肩の拘縮は大きな筋肉ではみられなくなったものの、腱板のような小さな筋肉では拘縮がありました。

炎症への処置をしていなかったと思いますので、腱板の一部は癒着しているように観察できます。

 

腱板は繊細な部位ですので、筋肉を収縮させたり、より細かく関節を動かすことで、丁寧に動きをつけていきました。

癒着を丁寧にはがしていくようにしていくことで、肩の動きが滑らかになり、回旋動作の制限もなくなっていきました。

 

最終的にはテニスのプレーもできるようになりました。

【症例】40代女性 夜間痛を伴う五十肩

以前より肩こりが酷かったが、半年ぐらい前から左肩に痛みが出始め、受診する前には左手が上がらず夜間痛みで目が覚めるまでひどくなっていました。

初検時は左肩に極度の関節可動域制限があり、首、骨盤にも関節可動域の制限がみられた。

左肩の可動域改善を中心に、首、骨盤の動きを正常にするように施術を行いました。

また、左肩は超音波治療器も使いました。

 

現在は、左肩、首、骨盤の関節可動域も改善して、左手が上がるようになりました。

自宅でできる簡単なケアも指導して再発防止に努めています。

【症例】40代男性 ゴルフができるまでに回復

右肩に痛みがあり、挙上ができない状態で夜中にも痛みがありお困りでした。

仕事中や趣味のゴルフでも痛みで思うように出来ないとのことでした。

 

初診時は右肩が90度以上挙がらず可動域制限が著名でした。

右肩関節の可動域制限に対するアプローチ、肩に負担が掛からないようにする為の姿勢の改善、関節拘縮による可動域制限での筋力低下に対してのトレーニング、肩周辺のストレッチ、を行いました。

約1か月で痛みなく仕事もゴルフもできるほどに改善しました。

 

痛みはなくなったが、ゴルフをすると肩に負担が掛かるため、再発防止のための定期的なメンテナンス施術をしている。

ゴルフでの成績は痛みが出る以前の状態まで戻ってきている。

【症例】50代女性 3年前から繰り返す肩の痛み

1か月前から右肩に激しい痛みが出て、服を着たり頭を洗ったりなどの日常動作に支障があり、薬を服用してもなかなか改善せず、当院を受診されました。

お話を伺うと、3年前にも同じ症状があり、繰り返し症状が出ているとのことでした。

 

初検時、外転90度疼痛出現、また、屈曲、内旋、外旋にも可動域制限がみられました。

肩の可動域制限を改善するようにしながら、筋の柔軟性を向上させるようにしました。

 

肩の可動域制限が改善した後は、メンテナンスという形で肩以外にも、首や姿勢にもアプローチを掛けて再発予防を行なっています。

【症例】40代女性 日常生活に支障がでていた肩の痛み

「肩が上がらない」とお困りの方が来院されました。更衣動作、整容動作、入浴動作が困難な状況で、「治るかどうか不安」とこぼされていました。

来院当初は、左肩関節の屈曲・外転が90度以下と可動域制限が著しく、回旋動作も強く制限がありました。

また、痛みも動作に伴って出ていました。

 

アプローチは、肩、首、肩甲骨を中心とした可動域改善を目的としたものを行いました。

数回の治療で、左肩関節屈曲170度、外転160度まで可動域の改善、および痛みの改善がみられました。

通院頻度は減らしてもらいながら、引き続きアプローチを行なっています。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!