野球肩

  • 投球動作で肩が痛い
  • レントゲンやMRI検査では肩に異常がなかった
  • ストレッチやトレーニングを行っているが、肩の痛みが変わらない
  • 肩の痛みが治まったり、痛くなったりを繰り返している
  • 投球時に腕がだるくなる

野球肩について

野球肩は、投球動作によって起こる肩関節のスポーツ障害です。

肩関節のスポーツ障害といっても、障害される部位によって疾患名は変わり、野球肩はあらゆる肩の障害の総称です。

 

繰り返しの投球動作や投球フォームの不良などによって、肩関節に負担をかけすぎることが原因です。

 

日常生活にはそれほど支障がなくても、投球時だけに痛みが出ることもあるのが特徴です。

野球肩の治療から競技復帰について

item.548.0

野球肩の治療だけをみると、まずは安静にしておくことで痛みなど症状は落ち着きます。

 

しかし、安静にしているうちに野球に必要な肩の能力が落ちてしまったり、試合の出場機会がなくなっていくために、多くの選手は安静にする選択肢を選びません。

痛みをごまかしながら、野球を続けて結局手術が必要になるほど状態が悪化してしまうといったことも現実問題あります。

 

痛みを取る、痛みを出ないようにする、競技は継続して行う、これらの条件が野球肩の治療には求められるのでしょう。

 

肩のコンディショニング、体の姿勢バランスの調整、投球制限やフォーム改良などの練習が必要になってきます。

当院の野球肩の治療

当院の野球肩の治療は、肩のコンディショニング、体の姿勢バランスの調整を主に行っていきます。

 

肩のコンディショニングは、肩の関節である、肩甲上腕関節、肩鎖関節、胸鎖関節、肩甲胸郭関節、第2肩関節、の動きを正常にすることで投球時の肩への負担を減らします。

 

また、体の姿勢バランスの調整は、主に骨盤・股関節・背中など投球動作に必要な部位を調整します。

これらの部位の動きが足りないと、いわゆる手投げになりやすいため、体全体で投球できる体をつくっていきます。

 

投球制限やフォーム改良などの練習は、チームと相談しながら進めていくことが理想ですが、当院でも選手個人でできるコンディショニングをお伝えしたり、その他のアドバイス等でサポートいたします。

 

投球時の肩の痛み、野球肩でお悩みの方、一度明石市なかむら整骨院までご相談ください。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!