肘・手首の痛み

こんなお悩みありませんか?

このようなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツでの肘の痛み
  • 手首を動かすと痛む
  • 重いものを持つと肘が痛む
  • 腱鞘炎と言われた

肘・手首の治療について(動画)

肘、手首の痛みの原因は?

肘の痛み

肘関節と手首の関節は一つの骨でつながっていることもあり、連動した動きが多くなりどちらかの関節や筋肉の状態が悪くなるとどちらの箇所も状態が悪くなることが多くあります。

肘が痛むから肘の治療、手首が痛いから手首の治療というのを繰り返していてもなかなか改善しないこともよくあります。
このような状態が長く続くと、柔軟性や関節の可動域がさらに低下しなかなか改善しなくなってしまうことになります。

明石市のなかむら整骨院では、細かな関節の治療を得意としています。

手首の痛み

明石市のなかむら整骨院では、肘関節や手首の関節の痛みや症状の出ている箇所のみを治療するのではなく、動作や構造上、関係する箇所を全て検査、鑑別し、痛みを改善すると同時に関節の可動域や筋肉の柔軟性を改善し、再発しないような根本的な施術を行っています。

肘や手首の痛みでお困りに方は、是非ご相談ください。

手首の痛み TFCC損傷とは

TFCC損傷

小指側の関節に激痛が走る原因としてTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)という疾患があります。

「雑巾を絞るような動作が辛い…」
「手首を捻ると痛い」

というときは神経に痛みがあるのではなく関節に痛みがある場合があります。

普段の生活で重い荷物を持ったり、ふいに手をついてグニャッとなったり、手首をよく使う動作が多いなど主に繰り返しの動作による症状で、手首の骨を支えている複数の靭帯と関節円板が構成するTFCC(三角線維軟骨複合体)に亀裂などが入る損傷のことをTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)といいます。

肘・膝・手首・足首の痛み(関節の痛み)

交通事故で関節を負傷した場合は部位によって、関節捻挫および打撲と診断され施術方法が異なります。
当院の肘の治療方法は、初期の炎症が強い場合、アイシングと固定を行いながら炎症を取り除きます。
腕の骨は1本で繋がっているため、負担の少ない周囲(手首・肩)の関節のリハビリも同時に行っていきます。

手首・足首の場合、アイシングと固定をした後、細かく可動域の確認をします。また手首・足首は多くの関節が存在するため、可動域の少ない箇所に焦点を当てて治療を行っていきます。

膝の場合、まずはアイシングと固定を行いながら炎症を取り除きます。
膝の症状には、膝を曲げる際に制限があるケースと膝を伸ばす際に制限があるケースの2パターンがあります。膝を曲げる際に制限がある方は、太ももの前側の筋肉が硬くなり、また、事故の衝撃で膝のお皿(膝蓋骨)の裏側の軟骨が損傷してお皿が滑らかに動かなくなります。そのため筋肉の柔軟性を回復させるためのリハビリと膝蓋骨の可動域を良くするめのリハビリを行います。

一方、膝を伸ばす際に制限がある方は、膝の裏側の筋肉の短縮および膝関節の軟骨に負担がかかっています。また、足首の可動域の制限があったり脛(すね)の外側の骨の位置がずれている方もいらっしゃいます。そのため、膝の裏側の筋肉の短縮に対してはストレッチによる柔軟性の回復や、膝をしっかり伸ばせるように膝関節のリハビリを行います。

足首の可動域の制限があったり脛(すね)の外側の骨の位置がずれてしまっている方に対しては、足首から脛(すね)の骨が繋がっているため脚全体に対して可動域が回復する様にリハビリを行います。

当院の施術では、早期回復に加えて後遺症を残さないための施術を行っています。(自賠責保険適用の場合は自己負担0円で専門の施術を受けることが可能です)

交通事故施術・むちうち解消。保険適用で窓口負担は0円。施術場所を変更併用できます。保険会社との交渉代行。徹底した個別対応施術

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!