【明石市なかむら整骨院】腰部脊柱管狭窄症について

2018年03月23日

 腰部脊柱管狭窄症について

こんにちは。明石市で、骨格調整・骨盤矯正・筋膜調整・交通事故治療をおこなってます、なかむら整骨院です。

 

「脊柱管狭窄症」は、神経の通り道である脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることで起こる症状を指します。

脊柱管は、背骨と背骨を支える靭帯で構成されていますが、脊柱管内に骨のトゲができたり、脊柱管内の靭帯が本来より分厚くなることで、脊柱管の神経が圧迫されます。

 

脊柱管狭窄症の代表的な症状は、お尻から足にかけての痛みやしびれ、そして間欠性跛行と言って、歩くとしびれて一定時間休むとしびれが引いてまた歩けるという症状があります。

 

手術で脊柱管を狭くしている骨や靭帯を切除すれば解決しそうですが、手術後も症状が再発したりとすることが多いため、手術を勧められることは多くなく安静と痛み止めによる様子見が一般的なようです。

 

骨のトゲや靭帯が分厚くなっているのに、手術もしないで改善することがあるのかと言えば全然あります。

 

主に、骨盤・股関節・腰部に対してのアプローチが有効な場合があるのです。

これは、何が言いたいかというと、これらのアプローチで脊柱管内の神経の圧迫が緩和されたということです。

脊柱管狭窄症の方は、腰が反り過ぎて神経の圧迫を助長してしまっていますが、アプローチの結果反り過ぎが改善されて症状が緩和すると考えられます。

 

また、骨のトゲや分厚くなった靭帯が、症状とはあまり関係ないことも考えられます。

脊柱管狭窄症の症状は、骨盤・股関節周りの機能低下でも似たような症状を出すことがあります。

これらの部位の機能改善で脊柱管狭窄症の症状が完治したという場合は、骨のトゲや分厚くなった靭帯は関係なかったと考えられるでしょう。(たとえ、画像に写っていたとしても)

 

もちろん、手術によって治る症例もありますので一概には言えませんが、手術をすると後戻りできませんので、まずは手術以外のアプローチを検討されるのが良いかと思います。

 

 

ご相談は下記連絡先までお願い致します。

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

tel:078-945-5370

メールでのお問い合わせはコチラ

明石 なかむら整骨院(公式HP)

明石交通事故治療

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

グループ院 西神戸なかむら整骨院

LINEでご予約できます!

お気軽に、「友だち」申請してくださいね!

友だち追加数

当院は、明石市、加古川市、加古郡、神戸市、姫路市、三木市、などから多数の方にご来院頂いております。

〒674-0074

兵庫県明石市魚住町清水75-1-106

「健康事業を通じて関わる皆様に貢献する」

なかむら整骨院

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!