【明石市】故障しがちなランナーにみられる足、足関節、足趾の状態【なかむら整骨院】

2018年01月17日

故障しがちなランナーにみられる足、足関節、足趾の状態

こんにちは。明石市で、骨盤矯正・交通事故治療・美容整体をおこなってます、なかむら整骨院です。

 

当たり前ですが、ランニングは足部への負荷が大きい運動です。

ただ、足部は負荷に耐える構造を持っています。

それは、土踏まずに代表されるアーチ構造です。

 

アーチは上から下に向かう力を支えるのに適した構造です。

垂直方向にかかる荷重を利用して構造を維持するのがアーチの特徴で、しかもある程度の可動性のおかげで衝撃を逃がすので、負荷が増えた程度で体を傷めることは少ないです。

しかし、垂直方向以外の力にはそれほど強くないので、そういった力が継続的にかかるとアーチは破綻してしまいます。

 

アーチの破綻は、ランナーにとって致命的な問題とも言えます。

ランニングでの地面からの衝撃と自身の荷重を、足部では耐えられないため他の部位で耐える必要が出てくるからです。

ただでさえ負荷が掛かるのに、余計に負担が増す格好です。

 

なぜ、アーチが破綻するような力が掛かるのか、その説明は後にして、まずは、アーチがつぶれた状態がどういったものか解説しましょう。

 

 

アーチが破綻した状態でまず思い浮かべるのは、偏平足だと思います。

確かにその通りなのですが、偏平足=土踏まずがなくなる、としかイメージがないと思います。

 

偏平足では土踏まずが減少するのは間違いないのですが、足部の筋肉が発達しすぎて土踏まずを埋めてしまっていることがあります。

もちろん、これは偏平足ではないので、土踏まずの有る無しで判断するのは難しいんですね。

 

 

なので、他の方法でみれたら良いですね。

2箇所みるところがあります。

 

 

 

1つ目は踵(かかと)です。

 

これは、1人では難しいので誰か身近に方に確認してもらえると良いですね。

手順としては、

  1. みてもらう方は左右の内くるぶしを付けて立ちます
  2. その状態で後ろから踵とアキレス腱を観察します。
  3. 踵は後ろから見ると、アキレス腱に対してほぼ真っすぐに配置されますが、踵がハの字型に倒れている場合は異常です。

unnamed

逆ハの字型に倒れている方もいらっしゃいますが、ランナーではハの字型に倒れている方が多いように思います。

踵はアーチ構造の支柱になっているため、本来の位置より傾きがあるとアーチが破綻する要因になります。

 

 

2つ目は足趾です。

 

これは、1人で十分観察できます。

手順としては、

  1. 左右の内くるぶしをつけて立ちます。
  2. その状態で足趾を観察します。
  3. 足趾は足を揃えて立つと真っ直ぐ前を向くはずですが、足趾からつま先に掛けて外側に向いてしまっている場合は異常です。

unnamed (1)

足趾が外側に向くのは、踵がハの字型に倒れることによって起こります。

つまり、アーチが崩れている可能性があるということです。

 

 

アーチが崩れているかどうかを見た目で判断するのは難しいですが、上記のポイントで異常があれば疑ってみると良いですね。

 

 

さて、アーチが崩れてしまう理由ですが、それは次回に。

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

tel:078-945-5370

メールでのお問い合わせはコチラ

明石 なかむら整骨院(公式HP)

明石交通事故治療

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

グループ院 西神戸なかむら整骨院

LINEでご予約できます!

お気軽に、「友だち」申請してくださいね!

友だち追加数

当院は、明石市、加古川市、加古郡、神戸市、姫路市、三木市、などから多数の方にご来院頂いております。

〒674-0074

兵庫県明石市魚住町清水75-1-106

「健康事業を通じて関わる皆様に貢献する」

なかむら整骨院

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!