【明石市】骨盤を前傾させて走れるようにするには【なかむら整骨院】

2017年10月21日

 骨盤を前傾させて走れるようにするには

こんにちは。明石市で、骨盤矯正・交通事故治療・美容整体をおこなってます、なかむら整骨院です。

 

昨今のランニングブームで、走ることに関心を持つ方が増えてきているようですね。

当院にご来院される方の中にも、趣味で走っているという方も多いです。

走っているうちに身体を傷めて来院されるということが多いのですが、まず気になるのが骨盤です。

 

体を傷めてしまうほどの骨盤というのは、骨盤自身の動きがなくなっていることが多いため、治療では骨盤矯正等を用いて正常に動くようにします。

これ自体は難しいことではないので、個人差はありますが一定回数の治療で痛みなどの症状も改善します。

 

問題は立っているときの骨盤のポジションです。

簡単に言うと立っているときの姿勢がどうかということなのですが、骨盤は適度に前傾しているのが正常です。

ここまではネットで探せば出てくる知識です。

問題は、ほとんどの方が適度な骨盤の前傾のやり方を知らないということです。

 

これまたネットで「骨盤前傾 マラソン」等で調べると、骨盤前傾のやり方は2つに要約されます。

  1. お尻を後ろに突き出す(骨盤を前傾させる)
  2. 胸を起こして、上に伸ばすようにする。(姿勢を真っすぐにする)

 

なるほど!とも思えるのですが、ちゃんとした解説がないので下手に真似をすると、腰を反り過ぎて体を傷めてしまいそうです。

実際、傷めている方は、腰が反り過ぎている方が多いです。

どうすればいいのか、解説してみます。

 

まず骨盤を前傾させる理由ですが、この動きをすると骨盤の上前方付近にある体の重心が斜め下前方に移動します。

重心が先行して動き、身体が重心に引っ張られるように運ばれます。

基本的にランニングは前に進む運動ですから、あらかじめ適度に前傾させておいて、さらに前傾させる動きをすることで推進力を効率よく得るわけです。

 

この時姿勢を真っ直ぐにしておきましょうというのは、重心を先行させて動かすときには、重心以外の部分は逆に後ろにあった方が、最小限の動きで済むからです。

無駄な動きが減るということは、身体を傷めるリスクを減らせるということです。

 

そして、骨盤を前傾させるときに大切なのは、股関節の屈曲です。

「骨盤を前傾は腰椎の前弯」という解説を見ますが、そのまま真似すると傷めます。

もちろん、骨盤を前傾させると腰椎は前弯しようとはするのですが、メインの動きは股関節屈曲です。

 

走るというのは、股関節で踏ん張って(股関節伸展)地面を押すことで推進力を得ると思われがちですが、股関節屈曲させて骨盤を前傾し重心を先行させることで推進力を得ようというのが、骨盤を前傾させることの肝です。

 

とても難しそうに感じますね。実際、難しいですが・・・

ただ、瞬間的に骨盤を前傾させたランニングを体感する方法があります。

それは、股関節周りの柔軟性と力みを取るような施術を受けた後に走ってみることです。

ほとんどの方は、股関節を伸展させた勢いを使って走りますが、そうすると股関節周りの柔軟性低下と不要な力みにつながります。

なので、それらを要素を取り除いてあげると、股関節を屈曲させやすくなり、結果骨盤が前傾して走りやすくなります。

 

実際、ランニングやマラソンをされている方に、股関節中心に施術を行うと「痛くないし走りやすい」とのお声を頂きます。

もちろん、このフォームを覚えるにはある程度の練習が必要ですが、そのきっかけとして施術で股関節を良くするというのは、実践的な方法だと思います。

 

ランナーの方で、お体のお悩みをお持ちの方は、ぜひともお問い合わせください。

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

tel:078-945-5370

メールでのお問い合わせはコチラ

明石 なかむら整骨院(公式HP)

明石交通事故治療

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

グループ院 西神戸なかむら整骨院

LINEでご予約できます!

お気軽に、「友だち」申請してくださいね!

友だち追加数

当院は、明石市、加古川市、加古郡、神戸市、姫路市、三木市、などから多数の方にご来院頂いております。

〒674-0074

兵庫県明石市魚住町清水75-1-106

「健康事業を通じて関わる皆様に貢献する」

なかむら整骨院

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!