【明石市】 ゴルフのアドレスで苦戦するアゴの引き方と前傾姿勢【なかむら整骨院】

2017年08月8日

 ゴルフのアドレスで苦戦するアゴの引き方と前傾姿勢

こんにちは。明石市で、骨盤矯正・交通事故治療・美容整体をおこなってます、なかむら整骨院です。

 

最近、院内でゴルフが流行っています。

患者様にもゴルフをされる方が多いので、話題にもなります。

 

たまに、アドレスをどんな形でしているのかを見せてもらうのですが、ほとんどの方はアゴの引き方と前傾姿勢に苦労するようです。

ゴルフ雑誌でも、ネット上でも、これでもかというくらい「アドレスが大事」と言われるのに、なぜこんなにも苦戦してしまうのでしょうか?

ゴルフは基本的に体を回転させて打つ競技ですね。

回転を効率よく行なうには、回転軸を可能な限り小さくすることと、回転軸が真っ直ぐである必要があります。

これは、身体を回転する競技であれば共通することです。

 

しかし、ゴルフはボールが下にあるため、回転軸を斜めに傾けなければ(前傾)させなければいけません。

 

斜めに傾く分、回転軸を真っ直ぐに保つのは難しくなります。

まずは、そもそも回転軸を真っ直ぐにするために、アゴを引くことからです。

これがそもそも難しい方は、首・背中・骨盤あたりの矯正をしたほうが良いかもしれません。

 

通常の姿勢指導でしたら、「アゴを引いてくださいね」くらいで良いのですが、ゴルフになってくるともう少し突き詰めていく必要があります。

それは、肩(肩甲骨)の位置を下げることです。

 

アドレスのよくある崩れ方として、「右肩が上がる、前にズレる」というのがあります。

こうなると、まともなショットが打てなくなります。

その為によくある指導として、「胸を張って」と言われますが、しんどい割には肩の位置をしっかりロックできません。

 

肩の位置を下げるようにする、肩のロックが簡単です。

また、肩の位置を下げるには、姿勢を正すように動くしかなく(腰は反らないようにする)、アゴの引きが特に力を入れていなくても強烈になります。

 

アゴの引きが強烈になると、上体はそうそうブレないので回転軸を真っ直ぐにしやすくなります。

さて、このアゴの引きを保ったまま、上体を前傾させます。

「待ってくれ!前傾なんか無理や」となっている場合、股関節が固い可能性が高いです。

 

そもそも回転軸を真っ直ぐに保たずに、前傾するとほとんどの方は「背骨を使って」前傾します」。

いわゆる腰を曲げる状態ですが、ゴルフで求められる前傾は回転軸を真っ直ぐにしておくことが絶対です。

背骨は、回転軸の1構成要素ですから、前傾姿勢は股関節”のみ”を使ってすることになります。

 

これが、かなりの難易度です。

日常生活で、股関節”のみ”を使うことなんてほぼありません。

どんな動作でも、膝・足首はセットで動かします。

 

膝から下は動かしたらダメなのかと言われたら、その通りです。

膝から下がスイング中に動くと(位置が変わると)、回転で生まれたエネルギーが膝に吸収されます。(ただのパワーロスです)

 

ほとんどの方は、股関節のみを動かすなんてことはできないので、股関節の可動を止めてショットを打ちます。

コントロールは安定するかもしれませんが、飛距離が伸びないのと腰を傷めるリスクが増えます。

 

股関節のみを動かす場面がそもそも少ないのに、どうやってその感覚を養っていくかが問題になってきます。

 

⇒次のページへ

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

tel:078-945-5370

メールでのお問い合わせはコチラ

明石 なかむら整骨院(公式HP)

明石交通事故治療

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

グループ院 西神戸なかむら整骨院

LINEでご予約できます!

お気軽に、「友だち」申請してくださいね!

友だち追加数

当院は、明石市、加古川市、加古郡、神戸市、姫路市、三木市、などから多数の方にご来院頂いております。

〒674-0074

兵庫県明石市魚住町清水75-1-106

「健康事業を通じて関わる皆様に貢献する」

なかむら整骨院

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!