【明石市】 ゴルフのグリップ 肘を下にするのが難しい【なかむら整骨院】

2017年08月15日

 ゴルフのグリップ 肘を下にするのが難しい

こんにちは。明石市で、骨盤矯正・交通事故治療・美容整体をおこなってます、なかむら整骨院です。

 

ゴルフのグリップがちゃんとできている方は少ないでしょう。

色々な理論がありますが、肘を下に向けるというのは概ね一致していますね。

なかなか普段取らない体勢なので、慣れないかもしれませんができると良いことがあります。

メリットは主に二つあります。

  • 三角形の形が無駄な筋力を使わなくて済むようにしてくれる
  • 腕の位置をロックしやすいので、スイングがぶれにくい

 

肘を下に向けてグリップを握ると、体幹と両腕で三角形になります。

当たり前ですが、ボールのインパクトの瞬間に衝撃(ボールからの反作用)に耐える必要があります。

三角形は衝撃に強い(三角形の頂点に衝撃が逃げる)ので、余計な筋力で耐える必要がなくなります。

それは、ケガの予防やパフォーマンスUPにつながります。

肘が外に向くと、どうしても五角形になるので、腕の筋力で耐える必要が出てきます。

ゴルフ肘の要因にもなりますね。

 

 

肘を上に向け、上半身の回転軸を真っ直ぐにすると、腕の位置がロックされたように微動だにしなくなります。(いわゆる脇が締まった状態)

慣れないと振りにくい感じがしますが、腕がロックされているので、腰と肩を回してショットを打つしかなくなります。

手打ちを防げるということですね。

体は回転させますが脇が締まっているので、スイングがぶれにくくなります。

メリットは理解できると思いますが、習得するのは難しく感じますね。

日常生活で、肘を下に向けて動作を行うことが少ないからです。

パソコンや書き物、肉体労働でも、肘は外か上に向いていることがほとんどです。

 

年齢問わず、骨格もやはり肘が外側に向いている(肩が前に出ている)方が多いように思います。

なので、肘の位置が適正になるように施術して、肩も回りやすくするとスコアも上がります(一時的ですが)

 

トレーニングとしては、肩を後ろに引ける(肩甲骨を寄せる)ことを常に意識して練習することが肝心です。

肩周りが動かないと、肘の位置は適正なところに来ません。

 

自力で感覚が分からないようでしたら、施術でよいポジションをつくって覚えてしまうのも一つの手だと思います。

感覚が分からない想像できないうちは、自力で行うよりこういった方法を取った方が早いかもしれません。(もちろん、ティーチングプロに教わるのも大事だと思います)

 

グリップの細かい握り方はいろいろありますが、肘の向きで正しいグリップかどうか判断してみてはいかがでしょうか?

 

⇒次のページ

前のページ

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

tel:078-945-5370

メールでのお問い合わせはコチラ

明石 なかむら整骨院(公式HP)

明石交通事故治療

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

グループ院 西神戸なかむら整骨院

LINEでご予約できます!

お気軽に、「友だち」申請してくださいね!

友だち追加数

当院は、明石市、加古川市、加古郡、神戸市、姫路市、三木市、などから多数の方にご来院頂いております。

〒674-0074

兵庫県明石市魚住町清水75-1-106

「健康事業を通じて関わる皆様に貢献する」

なかむら整骨院

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!