【明石市】腰痛・ひざ痛の方へ、正座・しゃがんだ体勢から立ち上がるときに気を付けること【なかむら整骨院】

2017年05月2日

腰痛・ひざ痛の方へ、正座・しゃがんだ体勢から立ち上がるときに気を付けること

こんにちは。明石市で、骨盤矯正・交通事故治療・美容整体をおこなってます、なかむら整骨院です。

 

腰痛やひざ痛の方にはつらい、正座やしゃがむ動き。

多くの場合、これらの体勢よりここから立ち上がることがなかなか難しいですね。

 

治療の観点から言えば、腰から下の部位のそれぞれの関節の動きに問題があることがほとんどですので、検査で確認したうえで関節が動くように施術していけば症状は改善していきます。

 

ただ、腰痛やひざ痛の患者様をよくよく観察してみますと、ある共通点があります。

それは、身体が前かがみになっていて、身体の重心が前に行きがちということです。

腰も膝も、体重を支える部位ですので、身体の重心がどこにあるかで関節にかかる負荷が変わってきます。

重心が適正な位置であれば体重の重さだけの負荷になりますが、重心が適正位置から外れれば外れるほど、てこの原理が働いて、膝・腰それぞれの関節には体重の2~3倍の負荷が掛かります。

 

なので、当院の姿勢指導は「アゴを引いてください」となることがほとんどです。

重心が前に行くのを大幅に改善できるからです。しかも比較的簡単に。

ただ、一度膝や腰を傷めた患者様は、恐怖心からか正座やしゃがむ動きおよび立ち上がるときに前かがみの姿勢になってしまうようです。

理屈では、前かがみにならない方が良いのは間違いないのですが、実践がなかなか難しいんですね。

 

そこで、太ももの付け根あたり(股関節の前側辺り)に手を置いて、腕をつっぱり棒みたいにして立ち上がってみましょう。

似たような動きで、膝に手を置いて立ち上がる方がいらっしゃいますが、それは逆に負荷がかかるのでNGです。

 

手を太ももの付け根あたりに置くことで、物理的に体が前かがみになることを防げます。

また、この状態から立ち上がるには、股関節から腰の下部にかけてを後ろに引くようにして立ち上がるようになります。

重心が前に行く動きが入りにくいので、腰・膝に負担が掛からず立てます。

 

立ち上がる際、可能な限りアゴを引いておくと良いですが、組み合わせるとなかなか難しい動きになるので(本当は難しくはないのですが)、無理はされなくてもいいです。

 

手を置かなくても股関節から腰を後ろに引きながら立てるように癖づいたら、手はなくても大丈夫ですが、恐怖心があるうちは手を使っていくと良いでしょう。

どうぞ、お試しください。

 

ひざ痛・腰痛の治療のお問い合わせはこちら↓↓

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

tel:078-945-5370

明石 なかむら整骨院(公式HP)

明石交通事故治療

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

グループ院 西神戸なかむら整骨院

LINE相談窓口

LINEで、お体のお悩みをお気軽にご相談していただけます。

お気軽に、「友だち」申請してくださいね!

友だち追加数

当院は、明石市、加古川市、加古郡、神戸市、姫路市、三木市、などから多数の方にご来院頂いております。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!