【明石市】頭がぼーっとするのは、首の後ろ側に原因があるかもしれません【なかむら整骨院】

2017年04月18日

頭がぼーっとするのは、首の後ろ側に原因があるかもしれません

こんにちは。明石市で、骨盤矯正・交通事故治療・美容整体をおこなってます、なかむら整骨院です。

 

春の新生活や環境の変化で、頭がぼーっとしたり体がだるくなってくる時期ではないでしょうか?

当院に来られる患者様も、そういった症状を訴えることが少なくありません。

 

そういった方に共通することとしては、首の後ろ側に異常があることです。

首の後ろ側に診られる異常は、主に関節の動きとある筋肉の固さです。

関節の動きは、このブログでもよく出てきますが、首の場合上に向けない左右どちらか(またはどちらも)向きにくい、ということがあります。

そして、もう一つ筋肉の固さですが、これは後頭下筋群という筋肉が関わってきます。

後頭下筋群は、後頭部と上部頸椎を繋ぐ筋肉です。

主に、首を左右に向ける働きがあります。

ただ、それ以上にこの後頭下筋群には大事な役割があります。

1つは、身体のバランスを保つのに大きく関わっています。

少し説明しますね。

ほとんどの方は目を瞑っても、ある程度真っすぐ立てると思います。

これは、視覚が遮断されても真っすぐに保てるようにヒトは出来ているからです。

これは、「筋紡錘」と呼ばれる体の器官のおかげです。

名前の通り、筋肉にあります。

 

この「筋紡錘」は各筋肉にあって、例えば肩こりになる筋肉、僧帽筋には1gあたり2個あります。

そして、後頭下筋群(下頭斜筋)には1gあたり242個あります。

後頭下筋群は、いわゆる”ぼんのくぼ”辺りにある小さな筋肉ですが、体のバランスを保つのにそれだけ重要ということです。

後頭下筋群が固くなると、筋紡錘の働きも落ちるのでバランスが保てなくなり、疲れやすくなったりふらついたりしてしまいます。

もう1つは、後頭下筋群のついている場所です。

後頭下筋群の下には、”椎骨動脈”という動脈が通っています。

頭に血液を送るのに重要な動脈です。

 

後頭下筋群が固くなると、椎骨動脈が圧迫された状態になります。

すると、頭への血流が悪くなり、頭がぼーっとしてきます。

ずっと上を向いていると頭がぼーっとしてくると思いますが、それと同じことが、後頭下筋群が固くなるだけで起きてしまうのです。

後頭下筋群が固くなるのは、ケガを除けば、アゴが上がった姿勢であることが原因です。

クッとアゴを引いて、春の疲れを予防しましょう。

どうしても、しんどい方は下記連絡先までお問い合わせください。

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

tel:078-945-5370

明石 なかむら整骨院(公式HP)

明石交通事故治療

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

グループ院 西神戸なかむら整骨院

LINE相談窓口

LINEで、お体のお悩みをお気軽にご相談していただけます。

お気軽に、「友だち」申請してくださいね!

友だち追加数

当院は、明石市、加古川市、加古郡、神戸市、姫路市、三木市、などから多数の方にご来院頂いております。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!