【明石市】野球で肩を痛める理由は、姿勢ともう一つ・・・【なかむら整骨院】

2017年02月21日

野球で肩を痛める理由は、姿勢ともう一つ・・・

こんにちは。明石市で、骨盤矯正・交通事故治療・美容整体をおこなってます、なかむら整骨院です。

 

野球で肩を痛めて、満足に投球できなくなることは非常につらいものがあると思います。

仮に、肩の痛みが引いても

「なんで肩の痛みに苦しまなければいけないのか?」

「また、こんな目に遭うのではないのか?」

と悲観的な思いがふつふつとわいてくるものです。

 

肩を痛めると言っても、肩のどの部位を痛めるかは人によって変わってきます。

もちろん治療法も変わってきますが、適切に肩の動きをつけていけばほとんどの痛みは快方します。

 

ただ、「なぜ肩を痛めることになったのか?」

野球を続けていくためには、ここまで考えないといけないです。

痛めては治療しまた痛めては治療を繰り返しても、肩の痛みは改善しますが、野球の上達が一向に進まなくなります。

何のために野球をやっているのかわからなくなってきますね。

 

多くの場合、野球で肩を痛める人は、いわゆる”猫背”だと指摘されます。

これは、経験的に見ても間違いではないと思います。

猫背だと手投げになるから、というのが一般的な解釈だと思います。

ただ、なぜ猫背だと手投げになるのか、説明をされることはほとんどないと思います。

 

猫背がダメな理由は挙げだしたらキリがないですが、一つ大事な視点があります。

それは、”上手く動けなくなる”ということです。

そもそも、野球の投球動作は体幹に限って言えば、”体幹の回旋”と”反らした体幹をもとに戻す”2つの動きを組み合わせ行います。

体幹でつくったこれらの動きを、腕に伝えることでいい球が投げられるようになります。

 

猫背は、そもそも体幹を反らす動きが出ないです。

また、猫背は体幹上部を回旋させることはできますが、腰・股関節の回旋を著しく制限します。

つまり、本来の投球に比べると、体幹の動きがほとんどないのです。

そうすると、力がボールに伝わらないので、腕力を使う手投げになってしまいます。

 

本格的スポーツの復帰には、姿勢改善を含めたスポーツ整体をご検討いただければと思います。

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

tel:078-945-5370

明石 なかむら整骨院(公式HP)

明石交通事故治療

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

グループ院 西神戸なかむら整骨院

LINE相談窓口

LINEで、お体のお悩みをお気軽にご相談していただけます。

お気軽に、「友だち」申請してくださいね!

友だち追加数

当院は、明石市、加古川市、加古郡、神戸市、姫路市、三木市、などから多数の方にご来院頂いております。

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!