腱板損傷について(明石市 なかむら整骨院)

2016年05月13日

こんにちは。明石市で、骨盤矯正・交通事故治療・美容整体をおこなってます、なかむら整骨院です。

 

今日は肩の腱板損傷についてお話しします。

肩の腱板とは、肩の関節を安定させる為のもので、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋肉で構成されています。

これらの筋肉は、肩のあらゆる動作で機能します。

特に肩をひらいていく動作である、外旋という作用の際に機能します。

腱板損傷は急性的なものや慢性的なものなど様々な原因でおこりますが、大きく分けて2つの原因がかんがえられます。

1つは、野球やテニスなどで腕の振りおろし動作を繰り返し過度に行うことによっておこります。

これは、野球の投球動作の繰り返しなどでで骨と腱板が衝突して腱板を少しずつ痛めていきます。

2つめの原因は加齢を基盤とした腱の変性や血行不良などで自然に腱板を痛めるものです。

原因として考えられるのは、これらのものになります。

野球の投球動作の様な腕を振り下ろすという動作は色々なスポーツの場面でつかわれるとおもいます。

急性で1回の動作でおこることはまれであり、繰り返しの外力でおこる慢性的なものがほとんどです。

腱板損傷の症状としては、夜に肩が痛くて眠れないなどの夜間痛や運動時痛などがあり、運動時痛とは腕を横から挙げる動作の際痛みがあります。

ここで肩の症状で鑑別しないといけないのが五十肩です。

五十肩も腱板損傷と同じく肩を動かしたときの痛みがありますが、一番の違いは五十肩の場合他動運動でも肩は上がりません。

腱板損傷か五十肩かの鑑別は困難ですが、当院では患者様ひとりひとりにあった検査をしていいき肩いがいの身体の異常もしっかりと説明をしながら治療計画をたてていきます。

様々なスポーツをしていくうえで、あるいは日常生活の中で肩の痛みや違和感がありましたら当院へご相談ください。

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

 

 

tel:078-945-5370

 

明石 なかむら整骨院(公式HP)

明石交通事故治療

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

 

ライン始めました。

ラインだけでのお得な情報も配信します。

お気軽に、「友だち」申請してくださいね!

友だち追加数

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!