【症例】肩が横から上がらない 野球で満足に投球ができない【明石市なかむら整骨院】

2016年05月11日

【症例】肩が横から上がらない 野球で満足に投球ができない

 

こんにちは。 明石市で、スポーツ整体をおこなっております、なかむら整骨院です。

 

野球で肩を痛める人は多いですね。

痛くて動かせない。

動かしにくかったり、最大可動域まで動かなかったり。

 

さてある患者様、肩を検査で診て、腕が横から上がらないことが分かりました。

肩の場合、横から上がらない原因は、いろいろと考えられますね。

その”いろいろ”の中から、どれが当てはまるのかを診ないといけません。

 

こちらの方は、もう一つできない動きがありました。

それは、肩関節の外旋です。

腕を親指側にひねる動きです。

 

実は、腕を横から上げるには、この外旋の動きが絶対にいるのです。

もちろん、意識的にそんな動きをする人はいませんが、腕を横から上げるには無意識に出てくる動きなんですね。

 

 

そこで、施術は外旋の動きを付けていくことに注力することにしました。

面白いことに、外旋の角度がつくにつれて、腕もどんどん上がるようになってきたんですね。

 

「う~わっ!(腕)上がった」

こんな感想を頂いて施術は終了しました。

あとは、野球をしてもこの状態を維持できるようにするだけですね。

 

 

当院の施術の感想等は、下記リンク先でご覧になれます。

患者様のお声

 

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

電話:078-945-5370

 

明石 なかむら整骨院(公式HP)

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!