首から腕のしびれについて 【明石市 なかむら整骨院】

2016年04月13日

こんにちは。明石市で骨盤矯正、交通事故専門治療、美容整体をおこなっています、なかむら整骨院です。

 

今日は、首や肩こりが原因で起きる、腕のしびれについてお話しさせていただきます。

 

しびれの症状は神経の圧迫で起こることが多く、どこで圧迫しているかが鑑別のポイントとなります。

 

代表的な疾患で胸郭出口症候群という疾患があります。この胸郭出口症候群がどのような状態でどのように対処するべきか説明させていただきます。

 

 

①過外転症候群

 

胸郭出口症候群の中の過外転症候群という状態は、胸の筋肉(小胸筋)という筋肉で首からてまでの神経を圧迫している状態です。

肩甲骨から肋骨の前面に走行している小胸筋の柔軟性がなくなるとこのような状態になることが多くあります。

また小胸筋の柔軟性が低下した状態になると、肩を前面にすくめるような不良姿勢になりますので柔軟性を改善することにより、姿勢改善、神経圧迫の原因を取り除く必要があります。

 

 

②肋鎖症候群

 

肋骨と鎖骨の間に首から腕にかけての神経(腕神経叢)が走行しています。

肋骨、鎖骨に関係する関節や筋の可動域、柔軟性が低下するとこの部分で圧迫する可能性があります。

改善点は正しい姿勢バランス、肩関節、肩甲骨の可動域改善、首、肩周りの筋肉の柔軟性の改善が必要になります。

 

 

③斜角筋症候群

 

頚椎から肋骨に走行している斜角筋が神経を圧迫してしまう状態です。

斜角筋の柔軟性の低下、頚椎や肋骨に関係する筋肉、関節の可動域、柔軟性改善が、神経圧迫の改善のポイントになります。

 

 

このように肩こり症状や首の痛みからくる手の痺れでもいろんな種類の疾患があります。

 

それぞれ鑑別した上で適切な処置を行うことが最短で改善するポイントとなります。

 

明石市のなかむら整骨院では、治療の前にしっかり痺れや痛みの原因を鑑別し、正しい治療のための検査、鑑別を正確に確実に行っております。

 

首、肩の症状、腕の痺れやだるさでお困りの方は、明石市のなかむら整骨院にご相談ください。

 

 

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

なかむら整骨院公式HP

 

 

交通事故に遭われえた際の怪我でお困りの方はこちら

 

小顔矯正や骨盤ダイエットなどの美容整体HPはこちら

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!