膝の外側が痛い ランナー膝(腸脛靭帯炎)かもしれません...。【明石市 なかむら整骨院】

2015年09月15日

こんにちは。明石市で、骨盤矯正・交通事故治療・美容整体をおこなってます、なかむら整骨院です。

 
少しずつ涼しくなり、運動を始める方も増えてきます。

手軽にできるランニングをする方をよく見かけます。

  

そこで、今日はランナー膝(腸脛靭帯炎)についてお話します。

  

腸脛靭帯炎とは、走っている時に膝の外側にある靭帯が骨などにこすれて痛みがでるものです。

  

1つの原因として、着地時の体重のかかる位置です。

  

足の外側に体重がのってしまうと、内股ぎみになり膝の外側に負担がかかって炎症が起きます。

ランニング中の姿勢が悪いと外側に体重がかかりやすくなります。

姿勢は股関節や膝、足首、骨盤などの全身の関節が重要となります。

  

  

 そこで、姿勢のバランスを整えることにより、走っても痛みが出ない体を作っていく事が重要となります。

  

  

当院ではスポーツでの怪我の治療や、スポーツコンディショニングもしていますので、

膝の痛みにお悩みの方は是非一度お気軽にご相談ください。

予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

 

 

tel:078-945-5370

 

 

明石 なかむら整骨院(公式HP)

 

 

明石交通事故治療

 

 

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

 

 

美容整体・小顔矯正ブログ(アメブロ)

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!