骨盤の状態を維持する筋肉について 【明石市 なかむら整骨院】

2015年08月7日

こんにちは。明石市で骨盤矯正、交通事故治療、美容整体をおこなってます、なかむら整骨院です。

 

今日は、矯正した骨盤を維持するために必要な筋肉の筋力、柔軟性についてお話しさせていただきます。

 

骨盤が正しい位置に戻っても、それを支えている筋肉の柔軟性や筋力が低下して状態では、すぐに戻ってしまう可能性があります。

 

まずは柔軟性の低下しやすい代表的な筋肉のご紹介です。

 

梨状筋→仙骨という骨盤の中心から大腿骨に付着している筋肉で、柔軟性がなくなってしまうと仙腸関節という骨盤の関節が動きにくくなってしまいます。

 

腰方形筋→腰部の横の肋骨から骨盤に付着している筋肉で、固くなると骨盤の高さに差ができてしまったり、体幹を回旋しづらい状態になってしまいます。

 

腸腰筋→胸腰椎部から大腿骨に付着している筋肉で、固くなると股関節が屈曲してしまい、腰部が伸展してしまい、腰痛や骨盤の歪みの原因になってしまいます。

 

 

次に筋力の低下しやすい筋肉です。

殿筋→大、中、小殿筋とありそれぞれ働きは違いますが、股関節を伸展したり、外転、内転してりする筋力が落ちると、股関節の柔軟性も落ちやすくなり腰痛や骨盤の歪みの原因になってしまいます。 

 

腹筋群→腹直筋や腹横筋といった筋肉がありますが、基本的に筋力が低下してしまうと、体幹の屈曲能力が落ちてしまい、伸展状態になってしまい、腰痛や、骨盤の歪みの原因になってしまいます。

 

このように骨盤の歪みの原因や再発の原因になってしまう筋肉がたくさんあります。

 

なかむら整骨院では、骨盤矯正をうけられた患者様に対して、治療だけではなく、このような筋肉のストレッチやトレーニングの方法をお伝えしています。

 

ご自身である程度メンテナンスできるお身体を作りたいとご希望の方は、明石市のなかむら整骨院にご相談ください。 

 

 

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

 

 

なかむら整骨院公式HP

 

 

交通事故に遭われた際の怪我でお困りの方はこちら

 

 

小顔矯正や骨盤ダイエットなどの美容整体HP 

骨盤の状態を維持する筋肉について 【明石市 なかむら整骨院】

2015年08月7日

こんにちは。明石市で骨盤矯正、交通事故治療、美容整体をおこなってます、なかむら整骨院です。

 

今日は、矯正した骨盤を維持するために必要な筋肉の筋力、柔軟性についてお話しさせていただきます。

 

骨盤が正しい位置に戻っても、それを支えている筋肉の柔軟性や筋力が低下して状態では、すぐに戻ってしまう可能性があります。

 

まずは柔軟性の低下しやすい代表的な筋肉のご紹介です。

 

梨状筋→仙骨という骨盤の中心から大腿骨に付着している筋肉で、柔軟性がなくなってしまうと仙腸関節という骨盤の関節が動きにくくなってしまいます。

 

腰方形筋→腰部の横の肋骨から骨盤に付着している筋肉で、固くなると骨盤の高さに差ができてしまったり、体幹を回旋しづらい状態になってしまいます。

 

腸腰筋→胸腰椎部から大腿骨に付着している筋肉で、固くなると股関節が屈曲してしまい、腰部が伸展してしまい、腰痛や骨盤の歪みの原因になってしまいます。

 

 

次に筋力の低下しやすい筋肉です。

殿筋→大、中、小殿筋とありそれぞれ働きは違いますが、股関節を伸展したり、外転、内転してりする筋力が落ちると、股関節の柔軟性も落ちやすくなり腰痛や骨盤の歪みの原因になってしまいます。 

 

腹筋群→腹直筋や腹横筋といった筋肉がありますが、基本的に筋力が低下してしまうと、体幹の屈曲能力が落ちてしまい、伸展状態になってしまい、腰痛や、骨盤の歪みの原因になってしまいます。

 

このように骨盤の歪みの原因や再発の原因になってしまう筋肉がたくさんあります。

 

なかむら整骨院では、骨盤矯正をうけられた患者様に対して、治療だけではなく、このような筋肉のストレッチやトレーニングの方法をお伝えしています。

 

ご自身である程度メンテナンスできるお身体を作りたいとご希望の方は、明石市のなかむら整骨院にご相談ください。 

 

 

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

 

 

なかむら整骨院公式HP

 

 

交通事故に遭われた際の怪我でお困りの方はこちら

 

 

小顔矯正や骨盤ダイエットなどの美容整体HP 

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!