肋軟骨の損傷について 【明石市 なかむら整骨院】

2015年07月18日

こんにちは。明石市で骨盤矯正、交通事故治療、美容整体をおこなってます、なかむら整骨院です。

 

今日は、交通事故の際におこりやすい肋軟骨の損傷についてお話させていただきます。

 

肋軟骨とは、肋骨は後方の背骨から始まり、前方の胸骨まであり、胸郭という空間を形成する骨ですが、後方から途中までは骨組織ですが途中より軟骨組織に変わります。

 

交通事故などの急激な衝撃が加わったり、ひねったりすることにより、この骨と軟骨の間の肋軟骨部分を損傷することがあります。

 

肋骨部分が骨折してしまうとレントゲン上でしっかり映りますが、軟骨部分はレントゲンでは写らないために見逃されることが稀にあります。

 

症状といたしましては、直接患部を抑えた際の痛み(限局性圧痛)や体幹をひねった際の痛み(回旋時痛)などがあげられます。

 

処置といたしましたは、初期は体幹部分ですので特殊なコルセットで固定をし、圧痛や回旋時痛が緩和した時点で固定期間に固まってしまった体幹の可動域の改善のためのリハビリや柔軟性の改善のためのストレッチなどが必要になります。

 

大切なポイントは、固定期間からリハビリを開始するタイミングで、タイミングをしっかり見極め開始することで最短で関節の拘縮や柔軟性の改善が見込めます。

 

交通事故などがきっかけで脇腹や背中の痛みがなかなか改善しない方は、明石市のなかむら整骨院へご相談ください。

 

 

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

 

 

なかむら整骨院公式HP

 

 

交通事故に遭われた際の怪我でお困りの方はこちら

 

 

小顔矯正や骨盤ダイエットなどの美容整体HP

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!