椅子に長時間座って、腰が痛い・・・【明石市なかむら整骨院】

2015年04月19日

こんにちは。

明石で、骨盤矯正・整体治療をしております、なかむら整骨院です。

 

座る時間が長くて腰が痛い・・・

 

デスクワーク等座って長時間作業していると、腰が痛くなる方がいらっしゃいますね。

様々な原因が考えられますが、座位での骨盤の前後の傾きが正常でないことは共通していることが多いです。

骨盤は少し前に傾いているのが正常なのですが、座位において後ろに傾いてしまうことが腰に負担を掛けます。(前に傾きすぎている方もいますが、少数なので割愛します)

骨盤が後ろに傾いたまま長時間過ごすと、次第に骨盤の前後の傾きが狂って常に腰が痛いという状態につながってきます。

 

狂ってしまった骨盤の前後の傾きは、骨盤や股関節を中心に治療を行なうことで改善します。

治療も余程のことがない限り、問題なく終わります。

ただ、日常生活での座る姿勢を変えないと、再発を防ぐことが難しい場合があります。

 

「正しい座り方」というのは、ネットで調べても色々な方法が紹介されています。

正直、それらの注意点を守りながら仕事を行なうのは難しいのではないかと思います。(僕は無理です・・・)

そこで、ちょっと視点を変えましょう。

要は、骨盤の前後の傾きが正常であれば、腰の負担は減るわけです。

しかも、半強制的に正常な傾きに持っていければ、気を付けることも少なくて済みます。

 

どうするか?

答えは、椅子を10センチ低くするです。(10センチ程度の足台を置くでもOKです)

 

まず、基本的に既製品の椅子は、ヨーロッパの規格をベースに作られています。

ヨーロッパの方々と我々日本人では、平均身長がだいたい10~15センチほどの差があります。

そのうえ、日本人は胴長短足です・・・。

 

つまり、既製品の椅子に座ると、足裏が床にぴったりつかず宙ぶらりんになります。

脚が宙ぶらりんになると、股関節を曲げることが難しくなります。

これは当たり前なことかもしれませんが、座位で骨盤の前後の傾きを正常な位置にするとき、股関節は屈曲している方が楽にできます。

 

また、足が宙ぶらりんになると物理的に腰だけで体重を支えていることになるので、当然腰の負担が増えます。

 

足裏が床にぴったりつくように、椅子(足台)の高さを調整してみてはいかがでしょうか?

予約・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。

tel:078-945-5370

明石 なかむら整骨院(公式HP)

明石交通事故治療

美容整体・小顔・ダイエット(HP)

美容整体・小顔矯正ブログ(アメブロ)

 

追伸

もちろん、座る時間が長いと姿勢を意識するだけでは腰痛予防の限界があるので、休憩時間に立ち上がったりストレッチ等の柔軟を行なうことも大切です。

また、椅子の高さを調整したり柔軟等を行なっても腰痛が変化しない場合は、骨格の異常が考えられますので無理をせず治療を行なうのがベストです。

治療をご希望の方は、下記連絡先までお問い合わせください。

TEL:078-945-5370

施術の流れ|明石市 なかむら整骨院

  • 1.受付

    問診票をお渡しします。
    ご記入をお願いします。

  • 2.カウンセリング

    お体の具合や痛み方について、丁寧にお話を伺います。

  • 3.検査

    実際にお体の状態を検査していきます。

  • 4.施術の流れ

    状態や痛みに合わせて施術を行います。

  • 5.施術方針の説明

    現在のお体の状態と今後の施術の方針についてご説明します。

  • 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。
    お大事に!